家の心配なく仕事をする|今までの職歴が丸わかり|職務経歴書は正直に書くべし

今までの職歴が丸わかり|職務経歴書は正直に書くべし

女性

家の心配なく仕事をする

男性と女性

家賃を節約する

東京は家賃が高く、上京して家を探して住むだけでも大変です。一般的には、仕事でもらう給料の3割くらいが賃料に当てられると言われています。もしも、その賃料が節約できるとしたら、お金が貯まりやすくなり、生活がかなり豊かになります。ましてや、東京とくに都心は家賃が特に高いので、なおさら助かります。そのためには、住み込みの寮やアパートがある会社に就職することが必要です。とはいえ、住み込みの家を用意してくれる会社など、そう多くありません。しかし、上記のように東京は家賃が高いので、企業側もそれをふまえて部屋を用意してくれている場合もあります。地方都市よりも東京の方が、住み込みありの会社が多い傾向があります。

色々あるメリット

では、どういう会社が住み込みの家を用意してくれているのか。一般には、例えば飲食店や病院の看護師や公務員の社宅などの例があります。完全に無料の場合もあれば、ほんの少しだけお金を徴収する場合もあります。しかし、お金をとる場合でも、同じ地域の平均的な家賃に比べれば破格の安さで住める場合がほとんどです。住み込みの家が便利なのは、単にお金の問題だけではありません。大抵は会社の近くに住み込みの家が用意されている場合があるので、通勤時間が短くて済み、そのぶん多くの時間をプライベートな時間に充てることができます。また、仕事仲間同士で近くに住むで、親睦を深めることもできます。住み込みの家がある場合は、会社の募集案内に書いてあります。